インプラントの注意点

インプラントの注意点は磨き方

電動歯ブラシで有効な磨き方を

インプラントを長持ちさせるために注意することがいくつかあります。その一つが歯磨きです。インプラントは歯に比べ根本が細かくなっており、その部分に汚れが多く付着してきます。汚れが残っていると歯周病と同様の症状を呈し、最悪の場合抜け落ちる可能性もあります。歯磨きには電動歯ブラシも有効ですが磨き方には注意が必要です。歯磨き剤は発泡剤や研磨剤の入っていないものを使用します。歯ブラシのヘッドを歯に当て、歯ブラシを使うときのように左右に動かさないで汚れを落としたい部分へと移動していきます。力を入れすぎると歯や歯茎を傷つけてしまいます。使用に当たっては歯科でアドバイスを受けるのがよいでしょう。

電動歯ブラシで歯茎を清潔に

インプラントをしても、その土台となる歯茎は守らなければなりません。そんな時に活用するといいのが、電動歯ブラシ。特に忙しい方は、活用すると時間の節約と歯茎の清潔は守られます。手で磨く歯ブラシよりも、数段速い動きでブラッシングしてくれますので、ブラシをあてる程度で大丈夫なようです。機種によっても違います。ただし、強くブラシをあてたり、固めのブラシを使うと、歯茎を痛めてしまいますので、その点は注意が必要かと思います。インプラントにしても、歯茎を守らないと、治療の意味がありません。ブラッシングをして、健康な歯茎を保ちましょう。

↑PAGE TOP